松戸美容室 【香港】進む「M字型」社会化:中流の所得、低成長が顕著に

  • 2011/05/23(月) 13:01:14

中流家庭の分解、二極化が進み、香港はM字型社会に向かっている――。このような指摘が専門家から出ている。最低賃金制度の導入で低所得層の生活レベル底上げが期待され、好景気に伴い高所得層も収入を増やす中、中所得層が恩恵を受けられていないとの見方だ。

 サウスチャイナ・モーニングポストのまとめによると、2006年から10年までの5年間で低所得層(下位10%)の収入は月額4,500HKドル(4万7,000円)から5,200HKドルに増加し、伸び幅は15.56%に上った。物価上昇の影響を差し引いても、ほぼ毎年2%の収入増を達成している計算だ。同じく高所得層(上位10%)は収入を月額6万6,400HKドルに15.48%伸ばした。しかし中所得層は1万200HKドルから1万1,000HKドルと、5年で7.84%しか収入が増加していない。

 香港大学の葉兆輝(ポール・イップ)教授(社会福祉学)は、「政府は一人当たり域内総生産(GDP)を住民収入の指標として用いているが、これは富の不均等配分を反映していない」と指摘。中所得層の所得が伸び悩んでいるとの統計については、「香港がM字型社会化のリスクに直面している」と分析した。同教授は香港政府の政策諮問機関である中央政策組(CPU)のメンバーも務める。

 ■中流は時給59.5HKドル

 このほか、香港政府統計処の別の発表によると、香港の被雇用者(家政婦、公務員、使用者、自営業者を除く)の時給の中位数は59.5HKドル(約636円)だった。昨年第2四半期(4〜6月)時点の値。前年同期から1.7%上昇した。

 対象となる被雇用者数は279万3,000人。上位10%は時給176HKドル以上、下位10%は28.1HKドル以下だった。また今月から施行された最低賃金制度で直接恩恵を受ける時給28HKドル未満の被雇用者は27万3,800人だった。

 全業種で前年同期比1〜4%上昇した。中でも上昇率が高かったのは「電力・ガス・水道」で4.3%増(時給123.6HKドル)、「教育・公共」で4.2%増(134.4HKドル)。伸び悩んだのは「小売り」の1.4%増(40.5HKドル)、「医療・美容」の1.6%増(70.5HKドル)など。全体として中位数100HKドルを超える高給産業で伸び幅が目立った。

 男性の中位数が時給65.1HKドルだったのに対し、女性は54.4HKドルにとどまった。また年齢別でも格差が顕著で、最も高かったのは「35〜44歳」(70.7HKドル)で「25〜34歳」(67.2HKドル)が続いた。最も低かったのは「15〜24歳」(40.7HKドル)。低給での労働を余儀なくされる青年時代から、経験を積むごとに給与が上昇して40歳前後でピークを迎え、再び減少に転じる構図が浮き彫りになった。

 学歴別では、小学校卒以下の34.6HKドルに対し、中学6年(大学予科1年)修了(日本の大学進学者に相当)以上は103HKドルと大きく跳ね上がる。職責別では事務員の54.5HKドルに対し、管理職は111HKドルとなっている。

日光宿泊 日光イン

浜岡原発


赤坂居酒屋

赤坂居酒屋

鉄なべ餃子

鉄なべ餃子


会津若松居酒屋

郡山居酒屋

仙台居酒屋

吉祥寺居酒屋

恵比寿居酒屋

宇都宮居酒屋

新宿居酒屋

町田居酒屋

いわき居酒屋

伊勢崎居酒屋

前橋居酒屋

高崎居酒屋

本庄居酒屋

横浜居酒屋

川崎居酒屋

厚木居酒屋


相模原居酒屋

関内居酒屋

藤沢居酒屋

平塚居酒屋

大和居酒屋

上野居酒屋

池袋居酒屋

中野居酒屋

自由が丘居酒屋

目黒居酒屋

下北沢居酒屋